ハイブリッド/マルチクラウド環境で促進するアプリケーションリソースポータビリティ これまでのネットワーク環境で、クラウドファーストの今のアプリケーション配信ニーズに対応できますか?
May 22 2018

DATE
May 22, 2018 | 1:30 PM Japan

ハイブリッド/マルチクラウド環境で促進するアプリケーションリソースポータビリティ

これまでのネットワーク環境で、クラウドファーストの今のアプリケーション配信ニーズに対応できますか?

昨今、多様なビジネス形態に対応するために、クラウドファーストを基軸に複数のプラットフォームの利用を検討し始めるお客様が増えています。しかしながらビジネス環境は非常に流動的でありアプリケーションをどこか特定のプラットフォームに構築しても、クラウドサービスは短期間で進化するため後から更に最適解が出てくることも珍しくありません。またITリソースに対する需要予測はますます困難になり、既存のオンプレ環境からクラウド環境への移行に加えオンプレ環境への回帰、複数クラウドの並行利用など、今後は様々な柔軟性に対応できることが重要になっていきます。

IT戦略の鍵となるハイブリッド/マルチクラウド環境に対応するためには、運用上やコスト面でも課題が山積しがちです。 Citrix NetScalerは、オンプレ環境からハイブリッド/マルチクラウド環境を見据え、お客様がより快適に安価でADCを利用できる施策を本webinarではご紹介します。

Webセミナーの主な内容

  • ハイブリッド/マルチクラウド環境対応への昨今の状況
  • NetScalerのポータビリティを提供するPooled Capacityライセンスについて
  • ユースケースのご紹介

セミナー講師
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
セールスエンジニアリング本部
ネットワークSE部
シニアシステムズエンジニア
石井 裕之